乳癌の転移を防ごう|しっかりと治療することが重要

腫瘍の問題

女医

小さな聴神経腫瘍が治療しやすくなりました

聴神経腫瘍を始めとするデリケートな腫瘍を治療する際に、近年では様々な放射線治療が試みられています。ガンマナイフやサイバーナイフと呼ばれる定位的な放射線療法は、特に聴神経腫瘍の治療を大幅に進化させました。これまでは開頭手術でしか行なえなかった治療を、体の外側から行なうことが可能となったのです。特に3センチ未満の小さな聴神経腫瘍の場合には、こうした定位的な放射線治療は有効という見方がされています。これまでは経過観察などで対応するしかなかった聴神経腫瘍のケースでも、こうした定位的な放射線治療で前向きに治療することが可能となってきたのです。顔面神経麻痺などの合併症のリスクを抑えるためにも、放射線治療は期待が持たれています。

医療機関の連携態勢が強化されていく

聴神経腫瘍の治療には専門的な知識や技術を要します。そのため、治療に実績のある病院や医師の存在は非常に貴重なものになる訳です。現在ではこうした聴神経腫瘍の治療に優秀な成果をおさめている病院や医師が、広く知られるようになっています。そのため、初診を担当した医師が聴神経腫瘍の治療に詳しい医師や医療機関を紹介するケースも少なくないのです。現在ではこういった医療機関の連携が、以前に比べて一般的になってきていますが、聴神経腫瘍の治療においてはさらに連携態勢が強化されていくと予想されるのです。聴神経腫瘍を始めとする脳疾患の場合には、治療に高い技術や専門知識が求められます。後遺症や合併症にも詳しい医師の存在は、今後もますます求められていくでしょう。