乳癌の転移を防ごう|しっかりと治療することが重要

がんの治療

ドクター

受診が必要です

肺がんは男性のがんの中でも死因の上位にあるがんですが、治療を開始するためにはまず病院を受診しなければいけません。肺がんがみつかるのは、症状があってから受診する場合や、健康診断などで指摘する場合などがありますが、いずれもまずは病気を確定しなければいけません。病院を受診すると、まずは問診票を記入しますが、それを医師がみて症状の確認をします。そして、必要に応じて検査が行われます。このとき行われる検査には、胸部エックス線検査や胸部CT検査などがありますが、このような検査を行うことによって、肺がどのような状態なのか把握できるからです。そして、肺がんだと診断がついた場合にはそのほとんどが入院による治療を開始していきます。

安全に病気を治すよう試みます

がんになったときに、ほとんどの人が病院を受診しますが、それは安全に病気を治すことができるからです。民間療法などでは治療の根拠が不明確なものも多いため、病院で治療をする人が多いです。肺がんは特に生命に関わる病気なので、自分の状況を把握することと、しっかりとした治療を受けることが重要です。肺がんの治療には、手術療法や化学療法といったものがありますが、施行される治療はいずれも患者さんに合わせたものです。例えば、全身に転移をしているような場合では手術をしたとしても、すべてを取り除くことができず、患者さんには苦痛のみを与えてしまうことになります。また、抗がん剤を使用する化学療法も、患者さんの病気や体の状態に合わせて、薬剤の選択や量が決められていきます。