乳癌の転移を防ごう|しっかりと治療することが重要

厄介な頭痛

頭痛

片頭痛に関する豆知識とは

頭痛が起こった際、片頭痛か緊張型頭痛かを見分けるにはどうすれば良いのでしょうか。この2つの頭痛は原因や対処法が正反対になるため、間違った認識で対処してしまうと症状を悪化させてしまう原因になるのです。頭痛を見分けるには立った状態からお辞儀をして頭を下に向けます。この時にどくどくと脈打つ頭痛が酷くなるようならば片頭痛です。動くと症状が酷くなるので可能な限り静かで光の当たらない部屋ですぐに横になって休むようにしましょう。

うまく付き合うための工夫とは

片頭痛の症状は頭痛だけではなく、目が眩しく感じたり吐き気がしたり他の諸症状も出てくるのが特徴です。現在は片頭痛のための効果が高い薬が発売されており、従来とは違い痛みが出てからでも効果があるものなど非常に便利になってきています。片頭痛の疑いを持ったら早めに医師に相談しに受診して片頭痛の発作が起きてしまったときの対処のために薬を処方してもらいます。また吐き気止めなど、頭痛に付随する症状の薬も同時に処方してもらえるように自分の片頭痛の症状をメモして持っていき、正しく伝えることが重要なポイントです。予防措置をとっておけば片頭痛を持っていても慌てることなく対処ができ、苦痛も幾分か減るのではないでしょうか。

女性に多い病気

頭痛などは男女問わず発症するものですが、女性特有の病気に乳癌が挙げられます。がんは男性も発症するものですが、乳癌に関しては女性の病とも言えるでしょう。そんな乳癌はがんの一つになるので、転移することがあります。放射線治療、抗がん剤治療を受けても転移する危険性があるのでしっかりと病院で治療をしていくことが大切です。治ったからといって治療を止めるのではなく、転移や再発しないためにも定期的に病院へ足を運んで検診を受けるようにしましょう。

女の人

症状と向き合う

片頭痛に悩んでいる人の数は多いです。通常引き起こされる病気の頭痛とは違い、片頭痛の原因は未だに不明な部分も多いです。生活習慣に左右されることが多いので、ストレスの緩和や睡眠不足の回避などで悪化を予防することができます。

女医

腫瘍の問題

聴神経腫瘍は現在放射線による治療が行なわれており、この方法を行なうことで体の外側から治療をすることができるようになりました。治療には豊富な知識と技術が要求されるので、慎重に専門機関を探す必要があります。

ドクター

がんの治療

日本人が死亡する原因の一つとして肺がんが挙げられます。肺がんの初期症状があるときは病院へ行って詳しく検査をする必要があります。検査をすることで肺の状態を知ることができ、その人に合った治療を行なうことができます。